日本語能力試験

受験について

日本語能力検定試験は、基本的に日本語を母語としない外国人のための検定試験だが、特に母語の明確な規定がないので、ハーフのお子様でも受験できます。

受験地

アメリカ アトランタ、シカゴ、フェイエットビル(アーカンソー)、ホノルル、ロサンゼルス、ニューヨーク、シアトル、
サンフランシスコ、ワシントンD.C.、フィラデルフィア、ボストン
カナダ バンクーバー、トロント、エドモントン
オーストラリア キャンベラ、ブリスベン、バース、シドニー、メルボルン、アデレード

受験日

7月(アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリアでの受験はありません)
12月(北米、オーストラリアで受験可能)

受験資格

日本語能力検定試験は、基本的に日本語を母語としない外国人のための検定試験ですが、特に母語の明確な規定がないので、ハーフのお子様でも受験できます。

主催者

国際交流基金
日本語能力試験ホームページ